ノベルティの制作を行う際の注意点

企業が自社PRを行う際に利用するのがノベルティです。場合によっては少ない費用で大きな広告効果が得られることもあり、活用する企業も少なくありませんが、制作する際には次のような点について注意しておかねばなりません。まず挙げられるのが実用性の有無です。渡す人によって変わりますが、あまりに利用価値の無いものはそのまま企業への印象も悪くなってしまうことがあります。そのため日常生活で利用しやすいものや消費しやすいものをノベルティとすることで、企業のイメージアップに繋がることがあります。次に挙げられるのがロゴに関する点です。多くのノベルティでは全面的に企業の名前やロゴを印象づけるために大きく印刷していることがありますが、それらの表記が苦手で使わないという人もまた一定数存在します。そのためどこに印刷を行うのか、また広告効果は問題なく得られるかをしっかりシミュレーションや調査を行うのも一つの手です。上記の注意点をしっかり押さえ、制作を行うことも重要です。

ダンスチームのノベルティ制作

わたしは、地元の仲間とダンスチームを組んでいます。大会にも出場し、ときには入賞するくらいまでのレベルになりました。ネットなどでも情報発信しているので、新しく入ってくるメンバーも増えています。チームが大きくなってきたので、いくつかノベルティをつくることにしました。本来はノベルティは販促品という意味ですが、わたしたちの場合はチームのオリジナルグッズという意味合いで制作しています。Tシャツやキャップ、ピンバッジを制作しました。ダンスをする時には、Tシャツをユニフォーム代わりに着用し、キャップをかぶります。もちろんキャップには、ピンバッジを付けてアピールです。ノベルティのおかげもあってか、以前よりチームへのオファーが増えました。イベントなどで踊ってほしいと言われる機会が増え、毎日練習で忙しく過ごしています。

ノベルティーの制作を考えるのも大変です

自社のブランドを持っている企業などは季節を通じてノベルティを提供している所が多くなっています。どこの企業でも何を付けるか考えるのが大変なようです。なるべくノベルティ欲しさに商品を販売したいと考えている企業は少なくはありません。少し変わったもので、誰にでも喜んでもらえるような商品。身に着けてもらえるような商品など制作を考えるのも大変です。ピンバッチなど提供している企業がありますが、誰もが身に着けたり、小物などに付けたりすることが出来ますのでとても喜ばれるようです。ただ、どのような物を作るかは制作に掛かっていますので、いろいろと意見を出し合いながら完成品を作っていくようです。ノベルティには数や期間が限られていますので、ご自分の好きなブランドなどで出す場合には、いち早く商品を購入する方が多くいるようです。