ノベルティグッズを活用する

多くの企業が自社の売り上げを高めていきたいと考えていますが、こうした時に多くの会社ではノベルティグッズを製作すればいいのではないかという安易な考えをしているところがたくさんあります。しかしこうしたものはただあげるだけでは効果が薄くなってしまうということがあります。そこで必ず気をつけたいポイントとしてこうしたノベルティグッズを渡す時のシチュエーションになります。ただ通りすがりの人に渡すだけだともらった方の記憶には残らないです。一番大事なのは会社名を記憶させることになるため、どのようなところからどのようにもらうのかということが大事になります。そこでイベント形式にするといいです。ゲームなどのイベントを行ってそこの参加者にノベルティグッズを上げるという方法になります。この時に住所や番号などの個人情報を書かせるということも条件で付け加えることが大事になります。

ノベルティグッズの種類について

ノベルティグッズは、様々な種類があります。まずポケットティッシュですが、どんな人でも手にしてもらえるユーザビリティの高いグッズで予算も安くて済むのが真価になります。その一方で、そこら中に存在しているアイテムである上に使用し終わるまでの日数がスピーディーですぐに捨て置かれてしまう傾向があります。つぎにペーパーバッグがあります。資料などを少しばかり持って帰宅してもらう時に感謝の意を表されるアイテムになります。デザイン性および持久性によってはそれ以降活用されないこともあります。また、ボールペンといった文房具があります。得意先に配布する場合も感謝を受けるのが文房具で、勤務場所でも使っていただくことが望めます。あらためていうまでもなく、一定のお金を投入して良質な物を作り上げていくことが必要といえます。

ノベルティグッズをあげたいとターゲット

最近では多くの企業で売り上げをあげたいと考えているところは多く、企業としての姿勢で当然なのですが売り上げを上げるための施策の一つにノベルティグッズを上げるということがあります。しかしこうしたものは多くの人にばらまいたからといって効果が出てくるものではないです。そこで大事なのは自社のターゲットとしている人はどのような人なのか、そしてその人たちに向けたノベルティグッズを考えていくことが大事になります。この理由としては多くの企業で製品を作る時に少なくともターゲットを明確にしています。例えば女性または男性で年齢はこのくらいの人でこうしたことに興味があるなどというものになります。この製品に適したターゲットを集客していきたい時に、この人たちと全く違うターゲット層が来ても意味がないです。こうしたこともトータルで考えていく必要があります。