時代とともに変わるノベルティグッズ

ノベルティグッズ、何かと貰う機会も多いですよね。一つも持っていないと言う人はいないと言っても過言でないのではないでしょうか。一昔前までは「景品」なんて呼ばれ方をしていましたね。お店や会社の名前が印刷されているカレンダー、日めくり、ボールペンとメモパットのセットなど。それらは貰って嬉しい、と言う類のものではなく「ただだからいいや」と言った感じだったのではないでしょうか。中には扱いに困って貰ったその日にゴミ箱行き、と言う物さえありましたよね。最近では、アロマグッズ、ネイルグッズ、メイクアップグッズ、化粧ポーチ、セルフケア用品なんかも貰えるようになってきました。中にはまるで市販の商品のようにお洒落で、これなら買ってでも欲しいと言う物もあります。時代とともに「景品」から「ノベルティグッズ」に名前が変わっただけではなく、その内容も確実に変わってきています。これは私たち所費者にとっては嬉しい限りですよね。

漫画のイベントとノベルティグッズ

先日イベントに行ってきました。漫画を購入できるイベントで一度行ってみたいと感じていましたが、行くことがができて嬉しかったです。早速目当ての漫画を購入しましたが、ノベルティグッズもついてきて嬉しくなりました。コースターでしたが、可愛くイラストがプリントされていて、嬉しくなりました。漫画を購入できるのが一番の楽しみですが、グッズを頂くことができるのも嬉しいです。大切に使いたいなと感じています。家で大切に使いたいです。グッズはいつからつけるようになったのかなと感じました。バッグなどをつける方もいらっしゃるようですごいなと感じます。業者の方にお願いするようですが、どうするのか詳しく知りたいなと感じました。打ち合わせなど大変なのではないかなと想像しますが、打ち合わせも楽しいのではないかなと想像しました。

ノベルティグッズを作る時に

最近では多くの企業で売り上げが落ちてきていて何とか改善をしていきたいと考えているところが増えてきています。こうした時に多くの企業で取り入れられているものとしてノベルティグッズを製作して見込客に向けて配布していこうということを考えています。しかし昔みたいにただ配布していればいいという時代ではなくなってきているため注意が必要になっていきます。まずはどのような目的でこれを配布したり製作しているのかきちんと明確にしていくことが必要になります。自社の商品で宣伝したいものや広めていきたいものとリンクさせていくのが一番いいですが、自社の名前を広めていきたい時に消費者にとって嬉しくないものをノベルティグッズとして渡しても意味がなくなってしまいます。そのためティッシュやボールペンなどもらって嬉したいもので自社の名前を入れられることが大事になります。